健康な木の家に住みたい

木と漆喰の効果を最大限に活かし
森の息吹きを住まいに

グリーンエア工法

お問合せはこちら


健康な家とは?


健康な家というと、どんな家を思い描きますか?
私達が考える健康な家は、人が健康に暮らせる家であると共に、家自体が健康を保てる家と考えています。

人が健康に暮らせる家とは、化学物質のない材料を使っていることや、結露によるカビなどが発生しないこと、ヒートショック等を起こさない温熱環境設計がされていることなど。

家自体が健康を保てる家とは、耐震性、耐久性などを保てる設計がされていて、丈夫で長持ちする家のこと。

人の健康と、家の健康の両方があって、健康な家になると考えています。

グリーンエア工法が実現する健康な家
のポイント

POINT

構造用合板を使用しない。
化学物質(合板の接着剤)を排除。

●地域の杉・無垢材を使用
構造用合板を使用せず、地域の山の無垢の杉板材を使用します。
地域で安価に入手しやすい規格の材を使用し、強度が出るように設計、高い特許料が必要ないオープンな工法で、低コストでの実現を可能にしています。
 
●化学物質(合板の接着剤)を排除
構造用合板を使用しないことで、シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎などの原因になると言われている化学物質(合板の接着剤)を排除した家づくりを可能にします。

POINT

無垢材の吸放湿性による快適さを活かした心地よい住まい

●自然素材の吸放湿性による快適さを活かす
無垢材による快適さの重要な要素の1つに、夏は湿気を吸い、冬は湿気を放出するという吸放湿性があります。
しかし、構造用合板を使用する場合は、「防湿気密シートの設置」が標準仕様とされています。
構造用合板を使用しないグリーンエア工法では、「防湿気密シートの設置」が不要になるので、無垢材の調湿性は損なわれません。
グリーンエア工法の採用により、無垢の木の効果を最大限に活かすことができます。

POINT

結露を防ぎ、人も、家も健康に

●グリーンエア工法は、内部結露を防止します
内部結露とは、壁や床、屋根の内部といった通常では見えない箇所で起きる現象のこと。
目に触れないため、いつの間にか構造材が腐っていたり、カビが発生して空気を汚していることに気づかない危険性があります。
構造用合板を使用する場合は、内部結露対策として「防湿気密シートの設置」が標準仕様とされていますが、施工精度が悪いと結露を発生させます。
無垢の杉板を斜めに張るグリーンエア工法を採用し、セルロースファイバーなどの自然系の断熱材を採用した防露設計により、防湿気密シートに頼らなくても、内部結露を防ぐことが可能になりました。

●結露のない快適で健康は住まい
結露はカビの繁殖やダニの発生を促したり、骨組みの木材を腐らせる原因ともなります。
カビは空気中に飛散し、喘息やアレルギーの原因となります。結露ない家づくりで、人も、家も健康に。

POINT

温度差のないカラダにやさしい住まい

●交通事故死亡者数よりも多い、ヒートショック
最近耳にする「ヒートショック」とは、急激な温度の変化で身体がダメージを受けることです。
居間などと脱衣所や浴室、そして入浴の際の熱い湯との激しい温度差により、血圧の急上昇が大きな
負担となり、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などによる突然死を引き起こす原因となると言われています。
また、浴室内のヒートショックで亡くなられる方は、交通事故死亡者数よりも多いという驚きの数字が発表されています。

健康リスクを減らすためには、家の中の温度差を少なくすることが大切です。
住まいの温熱環境の設計をしっかり行い、適切な断熱を施すことで、家全体が均一な温度環境となり、部屋間の温度差を少なくすることができます。
部屋間の温度差の少なくすることは、高齢者だけでなく全ての人の体にやさしく、心地よい住まいづくりのポイントの1つです。

POINT

構造用合板を使わず、高い耐震強度と耐久性を実現

●構造用合板と同等の耐震強度を実現
 (長期優良住宅の耐震等級2もクリア)

無垢の杉板を斜めに張ることで、大きな地震に対し構造躯体と一体となって粘り、高い耐震強度を実現しています。
耐力試験の結果、構造用合板と同様の耐震強度が証明されました。
このことで、構造用合板を使用せずに、長期優良住宅の耐震等級2をクリアできます。
・床倍率2.7倍、屋根倍率1.5倍

●構造用合板の耐久性・耐力低下の懸念を払拭
屋根は表面温度が70℃を超えます。また、1階床は湿気が高くなりがちです。そのような環境下で、構造用合板は、接着剤の耐久性・耐力低下が懸念されます。
無垢の杉板を斜めに張るグリーンエア工法により、耐久性の高い、長持ちする家づくりを可能にします。

構造見学会
構造用合板をしない地震につよい長期優良住宅

日時:2016年9月4日(日)
   10:30~12:00
場所:練馬区石神井町
   西武池袋線・石神井公園駅

構造用合板を使わず、耐震強度はしっかり
結露を防ぎ、人も、家も健康な木の家
調湿にすぐれた無垢材と漆喰で快適な木の家づくりの構造見学会です。

完成後は見えなくなってしまう部分も、設計者のわかりやすい解説を聞きながら、見学いただけます。

詳細・お申込はこちら

健康な木の家づくりをコーディネートします

コーディネーターが、健康な木の家づくりの相談から、設計者選び、建築中の相談、資金管理サービスまで、家づくりを最初から最後までサポートします。


相談は無料で受付ています。
ご希望の日時をお気軽にご予約ください。

NPO木の家だいすきの会
 東京事務所

 東京都千代田区四番町3-10 番町MKビル301
 TEL:03-6261-2970
 所沢事務所
 埼玉県所沢市中新井4-12-4
 TEL:04-2937-7344

資料請求・お問合せ・ご相談はこちら


健康な家づくりを支える仲間たち

工務店
 株式会社 三協建設
 有限会社 井上建築工業
 株式会社 吉澤建築工業
 有限会社 笹森工務店
 有限会社 当麻工務店
 株式会社 比留間建工

設計事務所
 一級建築士事務所 アトリエ・ヌック
 株式会社 澤野建築研究所
 アトリエ海

事例紹介

健康で心地よい、
長持ちする木の家

埼玉県のスギとヒノキを大工さんが手刻みし組んだ木の家は、家の中心の吹抜けから家全体に光と風が行き届き、健康で木の香りが心地よい、長持ちする住まいになりました。
健康で心地よい理由は目に見える仕上げ材に無垢材や漆喰などの自然素材を使っているからだけではありません。

健康で心地よい理由1
合板を使わない構造施工:耐震等級2
長期優良住宅で耐震強度を出すだめに通常使われる接着剤で固めた合板は使わずに、スギの無垢板を斜めに張る工法で耐震等級2の強度を確保しています。

健康で心地よい理由2
自然素材の気持ちよさを最大限に引き出し
壁内結露も心配がない:省エネ等級4
外壁内部に石油製品の防湿ビニールシートを使わずに、セルロースファイバーを隙間なく充填、外側に通気層を設け湿気を掃き出し内部結露しない構造にしています。

健康で心地よい理由3
パッシブデザインと温熱環境
吹抜け窓につけた可動式外付けブラインドで夏の日射を遮蔽。吹抜け天井の高窓から採光通風を確保。地域の風向きを考慮して開く方向を決めた窓。・・・等のパッシブなデザインを取り入れて心地良い温熱環境にしています。

2F書斎前の窓は、外付けブラインドで夏は日射を遮蔽します

吹抜け。シーリングファンで空気を循環
させ、空調の省エネ化

カラマツで仕上げた軒と庇。
深い庇は日射遮蔽効果が大きい



 健康な家づくり・グリーンエア工法
 仕様と性能

グリーンエア工法は、構造用合板を使用せずに無垢材を斜めに張ることで、耐震強度を保ちます。

水平構面・床

 床倍率:2.7倍

水平構面:屋根

 屋根倍率:1.5倍

垂直構面:壁

 筋交いによる
 (1.5~4.0倍)

ご質問・お問い合わせは、こちらまで

事務局
NPO木の家だいすきの会
TEL:03-6261-2970
www.kinoie.org

■営業時間
平日:9:00~18:00
※土日祝のご相談は(事前予約制)
※メールでの問い合わせはoffice@kinoie.orgまで。

■東京事務所
〒102-0081 東京都千代田区四番町3-10 番町MKビル301
■所沢事務所
〒359-0041 埼玉県所沢市中新井4-12-4

Facebook

資料請求・お問合せ・ご相談

資料をご希望の方は、メッセージ欄に「資料希望」とご記入ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

メッセージは送信されました。
ありがとうございます。